国際空手グランプリ
主催:KWF日本
2017年3月26日〔日〕 千葉ポートアリーナ
初中級クラス 小学1年男子の部
優勝  牧野輝志
上級クラス
第三位  高橋莉玖

この大会は極真KWF主催の国際大会。一般部には海外からも強豪選手が多数出場する参加人数800名越えの大規模大会。正援塾から久々の関東地区挑戦に楓、莉玖、隆之祐、輝志が出場。



 

この超ハイレベルな大会で輝志(きしん)がなんと5回の試合を勝ち抜き優勝!!輝志はまだ空手歴10ヶ月。北大阪新人戦では優勝したもののその後の大会は連敗。この大会では1回戦も試合が成立するか不安なレベル。
心配されましたが試合では猛然と相手に向かっていったとの事です。大会レベルを考えれば奇跡の優勝と言えるでしょう。
真面目でまっすぐな少年が1度目の覚醒期を迎え、驚きの優勝を遂げました。


 

莉玖は試合1か月前に骨折を負いこちらもかなり心配されましたがミドルキックを有効に使い第三位に入賞しました。莉玖は上級の部初入賞。初入賞がこのハイレベルな国際空手グランプリとなりました。


 

左から隆之祐、莉玖、楓
隆之祐、楓は敗退してしまいましたが皆で力を合わせてアップやミット打ち、応援を行ったとの事。先生〔若槻〕の急な不在の中、選手同士やご父兄のチームワークが光りました。団体力の上昇と正援塾の明るい未来を感じる素晴らしい関東挑戦でした。



TOPへ